スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第3回目】Tsundereはツンデレとして認めない!

ツンデレ自体の定義が色々あるのでツンデレにも種類がありますが
個人的にデレた後が結構重要Pointになります
自分の性癖というかなんというか、そういうのを思いっきり出してるカテゴリー【文才ない俺がSSに挑戦してみる】は黒歴史も黒歴史なので色々諦めるしかないわけですけど(笑
デレタ後が重要というのは単純に
・消極的なツン⇒積極的なデレ ・積極的なツン⇒恥ずかしがり屋のデレ ・ツン⇒デレに変化無し etc……

ツンツン時期を過ぎた後、主人公にデレッデレのベッタベタになるのは最低条件ですけど
それが積極的なのか?それとも消極的なのか?ツンとデレにギャップはちゃんとあるか?
これが自分の中での基準となります (つまりツン⇒デレに変化無しは個人的に不満足)
で、中でも一番好きなのがデレ後積極的になるパターン

ツンツン期は主人公に対して本心を伝えることが出来ず悶々と日々を過ごすヒロインですが
デレタ後にはそんな我慢も要らないので主人公に甘えまくって……(自主規制)


つまりある程度ツンとデレにギャップを作りたいんです

【参考画像】
タイトルタイトル

《左画像》 『今更なカンケイ』作者:Dr.P
[ツン]中学1年生時に主人公からの告白を断ったため想いを伝えれない
[デレ]登校時校門辺りで他生徒の前での大胆Kiss、明らかな接し方の変化
《右画像》 『ナイトハイクス』作者:丸和太郎
ツンとデレでそこまで大差ないように思えるが呼び方の変化(苗字⇒名前)等細かい変化が見られる、やはり少し大胆化


前回の終わり方が

さて、どうしたものか
ここは食事に集中していっそのこと会話をしないというのも手としてはアリか
(むむむ…………お?)
「なぁなぁ幼馴染ー」
幼馴染「……(ゴクン)……なに?」
って感じでしたが、流石に1回目からオカズを交換するような行為を男女でするのはヤリ過ぎかな?

男が結局話題を出せず気不味い感じで終わらせてみても面白そうですねっ

さて、どうしたものか
ここは食事に集中していっそのこと会話をしないというのも手としてはアリか
(むむむ…………)
「……」モグモグ
幼馴染「……」モグモグ
………………
…………
……

……シュール(笑
誘った本人(幼馴染)は男と一緒に食べれてるだけで満足なんだからね!って感じでいいかな(笑
序盤から急展開に持ってくつもりも無いので最初はこんな感じで良いと思うんだけどねっ!


>>高校に入ったばっかりの頃は登下校も一緒だったし、よく夫婦などとからかわれた
最近ではそんな言葉も聞かなくなったが、それはこの半年程で一緒にいる事もほとんど無くなったからだ


ってところも高校2年設定が個人的に好きなので
高校に入ったばっかりの頃は登下校も一緒だったし、よく夫婦などとからかわれた
最近ではそんな言葉も聞かなくなったが、それは入学から半年程で一緒にいる事もほとんど無くなったからだ
あまり接しなくなってからもう1年程経つだろうか

にしましょうか




結局お昼休みはなんだったんだ?向こうも特に用事が無さそうだったし……
そんな疑問を抱えたまま午後の授業を迎えたがどうにも先程の事が気になってしまい、おかげで先生に怒られた
ツイテない……

放課後―――

友は部活、そして俺は帰宅部
我ながら悲しい奴にも思えるが、中学で部活はもう満足だったし……

幼馴染「男ー」

「!」ビクッ

幼馴染「なによー そんなに驚かなくても良いじゃない! 私とアンタの仲なんだしっ」ケラケラ

「あれ?今日部活はどうしたんだ?」

幼馴染って確か陸上だっけか?

幼馴染「自主休部!だからさ一緒にかえろっ」



あれ?まて、どこでこうなった! こんなのツンデレじゃねえ!



「あれ?今日部活はどうしたんだ?」

幼馴染って確か陸上だっけか?

幼馴染「自主休部!だからさ一緒にかえろっ」
幼馴染「休んだのよ、流石にずっと毎日出てたから1日ぐらいね」

確かにコイツ そういった事には休まずちゃんとやり切る性格だったな

「今日は何か用事でもあったのか?」

幼馴染「えっ ……ま、まぁねっ(汗」

「ふぅん……」

何で今日に限って幼馴染の奴はこんなに絡んでくるんだ?
この1年間絡む事なんてあまり無かったよな……

幼馴染「ね、ねぇ アンタって今帰り?」

「そうだけど……」



アンタって呼び方良いですよね! 妹にそう呼ばれたいハァハァ  『おにぃ』との相性はバツグンです



幼馴染「へ、へぇー じゃ、じゃあさ!い、一緒に……カエラナイ?」///

「あーごめん、最後の方良く聞き取れなかった 一緒になんだって?」

幼馴染「~~っっ!!」/////

タッタッタッ

ん?なんでコッチ近づいて来るんだ?

タッタッ

幼馴染「……」//////

な、なんだよコイツ ちょっと怖いぞ?

「え、えーと幼馴染? どうしt」ズイッ

「おわっ! ちょ!お前!危ない!な、なんだよ 袖引っ張るのやめろって!」

タンッタンッタンッ

俺の袖を無言で掴んだまま歩き出す幼馴染
ホントに一体どうなってんだ……

タタンッ

「えーと、下駄箱?」

着いた先は生徒玄関の下駄箱前

「えーと、お、おさななj」

幼馴染「30秒で支度しな!」ギラッ

「ひぃぃ」ビクッ

……ホントに意味が分からん 俺が何をやったというんだ……

下校―――

幼馴染「……」ツカツカツカツカ……

「……」

何故俺は幼馴染と帰宅してるんだ?

幼馴染「……」ツカツk……チラッ

「?」

幼馴染「……」プイッ aツカツカツカ……

なんだよ今のは!
はぁ~っ ホント意味分からん

自宅―――

「ただいま~」



ぐっ 妹出したい出したい出したい出したい出したい出したい
だが、これは幼馴染物だから妹とは結ばれない!いっそのことハーレム……いやハーレムはやめておこうか



玄関に靴は1足 ……妹のものだ
最近アイツも反抗期というか何というか……
別に兄妹仲が悪い訳でも無いのだが



『キョウダイ』の変換に姉弟だけなかった(笑



「~~♪」チラッ

「!!」ビックゥ!

「ちょ、ちょっと男!帰ってんならちゃんと言いなさいよ!」

「はあ?ちゃんと言ったからな?耳悪いんじゃねえの?」

「絶対言って無い!」

「言った」

「言って無い!」

……これじゃ水掛け論か

「あぁそうだな言って無かったな ただいま!妹」

「! おかえり!」パァァ

「~~♪♪」ルンルン

反抗期じゃないと信じたい……

………………

…………

……

母「男ー 幼馴染から電話ー」

え?今なんて言った?幼馴染から?電話?
ってかなんで家電に掛けてくるんだ、携帯あるだろ携帯が

「むー」ジトー

お前はなんでコッチ見てるんだよ

「はいもしもしー?幼馴染?」

幼馴染『あ、男?』

「なんで家電に掛けてくるんだよ、携帯の番号知ってるだろ?」

幼馴染『……』ボソボソ

「あ?聞こえないぞー おーい?」

幼馴染『それより男!』

「ん?なんだ?」

幼馴染『あ、あ、あ、明日!』

「?」

幼馴染『部活終わるのが何時もより30分早いのよ!』

「は、はぁ……」

何時も部活が終わる時間がそもそも知らないんだが

幼馴染『だ、だ、だ、だから!明日!イッショに買いモノいくワヨ』

「あ?え?なんだって? 全然声きこえないぞー?」

幼馴染『アーモウ、ナンデナンデナンデアイツハァー』

「おーい、幼馴染ー? 全然聞こえないぞー」

幼馴染『明日!放課後!6時半!グラウンドまで来い!』

「は、はぁ!? なんでだよ!一度帰ってからまた学校行けって言うのか?」

「……」ピクピクッ

幼馴染『そんなの教室とかで待ってればいいじゃない!』

「はぁぁ?ふざけるなよ! なんで3時間も教室で待ってなきゃいけねえんだ!」

「大体グラウンド来いって何があんだよ!」

「……」ピクピクッ

幼馴染『来なかったら過去のアンタの恥ずかしい思い出を全校生徒に晒す』

「なっ!?」ガチャッ ツー ツー

「ちょ、おい!幼馴染!おさななじみぃー!」

アイツがそんなに自分勝手な奴だとは思わんかった……

………………

…………

……

ガチャッ

いきなり自室の扉が開けられる

「ちょ、母さん、だから部屋開ける時はノックしr……え?」

「……」ジトー

「い、妹?」

「……」ジトー

「ちょ、何だよ!」

「……」ジトー

アイツといいコイツといい 一体なんだってんだ

「明日……」

「え?」

「私も男の学校に16時までには行くから」

「ん?……はぁ!?」

「校門前で待ち合わせ 分かった」ギロッ

「っ!? わ、分かった!分かったから」オドオド

バタンッ!

あぁ、俺って情けねぇなぁ……

第一なんで妹が俺の高校くるんだ?アイツまだ中3じゃねえか
ホント誰か説明してくれ

………………

…………

……

「行ってきまーす」

「行ってきまーす」

母「行ってらっしゃーい 二人とも事故には気を付けるのよー?」

テクテクテクテク

「……」ギロッ

「ひぃっ!」ビクッ

「今日!4時に!校門前!分かった?」

「あぁ、その事なんだが」

「……」ギロッ

「っ(ビクッ) お、お前まだ中3だろ?なんで俺の学校来るんだよ」

コイツは妹コイツは妹コイツは妹コイツは妹

「…… 男は嫌?」

「いや、別に嫌とかそういうんじゃなくて普通に疑問に思う事だろ」

「だって」

「だって?なんだ?」

「幼ねぇと出掛けるんでしょ?」

「ん?あ、そうだが」

なるほど、そういうことか……

「そっかぁ~お前幼馴染と遊びたかったんだろぉ お前も可愛いとこあるなぁ」ニヤニヤ

「なっ!! 可愛いってそんなっ」//////

「ってそうじゃないよ!そうじゃなくて……」

「ん?違うのか?」

「お、おおおおおおおとこがいるから!」

「へ?」

「うううううう~~っっ!! ばっかああぁぁぁ!」ゴスッ

「あがっ!!」ドサッ

そのまま妹は走っていってしまった
それにしても、まさかあの妹があんなに可愛い事言ってくれるとは……お兄ちゃん嬉しいぞ♪

………………

…………

……

友「はよー」

「ん?おはよう」チラッ

幼馴染「……」ギロッ

何故俺はあいつに睨まれなければならない 段々イラついてきたな……



ちょっと待て!誰か助けて!
このままじゃ幼馴染が嫌われ役になって結果カマセ役になりかねない><



「ん?おはよう」チラッ

幼馴染「……」ギロッ

何故俺はあいつに睨まれなければならない 段々イラついてきたな……


「ん?おはよう」チラッ

幼馴染「っっ!」プイッ

なんで目を逸らすんだよアイツは

友「それよりも昨日の昼食は随分お楽しみだったみたいですなぁ!え?どうしたんよww 夫婦復活か?」ニヤニヤ

うざっ…… ってか今コイツの笑い方変じゃなかったか?

「うざいぞ、お前……」

友「なっ!? お前、そりゃ思ってても口に出さないものだろー?」

「あ、そう」

友「あ、そうってお前なぁー……ん?なんでPGPもってきてんの?いっつもやる暇無いからって持ってきてなかったのに……なんで2台?」

「人のカバン開けてんじゃねーよ、今日放課後教室にいなきゃいけないんだよ」

友「補習か?」

「いや、幼馴染が……」

友「え、あ、ホントに付き合ってるの?」

「違う違う、なんか用事あるんだとよー」

友「ふぅーん……」

昼休み―――

友「うぅー(伸びー) やっと昼休みだなー」

「ふぁぁ(欠伸) そうだな」

友「購買行ってくるわー」

「ん」

友はいつも早弁してるから大体昼は購買でパンを買ってきている

スタスタスタ……

「ん?」

幼馴染「……」

「おぅ幼馴染、どしたの?」

幼馴染「あ、あ、あ、あのさ お、おおお昼!幼友も交えて4人でどどどどうかなーって」//////

「え?」

幼馴染「えと、迷惑……だった?」

「え?いや、アハハ……ベツニイイトオモウヨ」

幼馴染「そ、そっか!うん エヘヘ……」////

ホントにどうしたんだろ

………………

…………

……

友「あれ?男は……」

「あ、と友ーこ、コッチデスヨー」

友「え、なんで席いd……ん!?」

幼友「ん?アンタも一緒なの?」

幼馴染「友君こっちだよー♪」////

友「……なるほど」ニヤリ

幼馴染「ささ、友君は男の隣に座っt……」

友「いやー俺窓側がいいんだよねー 暑くてさー窓開けたいし」

「何お前ワガママイッテルンダヨー」

幼馴染「え?じゃあ男と友君が」

幼友「アタシも暑いと思ってたからさっ? 幼馴染悪いけど移動してくれない?」



なんか幼馴染のキャラが安定してないってかコロコロ変わってる気もする(笑
こっからなんとかツンデレに強引に軌道修正したほうがいいかな?



幼馴染「へ?……は、はぁ?ななな、なんでアイツの隣に座らなきゃいけないのよっ」/////

「はぅっ!! (´・ω・`)」ズキーン

幼馴染「あ、ああああ男!別にそういう事じゃ……そうよ!アンタなんでここにいるのよ!」

「へ?」



あれ?一瞬でウザキャラに戻っちゃった



幼友「……幼馴染」

幼馴染「え?いや!でも、男が!」

幼友「……」ギロリッ!!!

幼馴染「うぅぅーーっっ!! ご、ごめんね?男 あの、私別に嫌とかそういうんじゃなくてね?」

「お、おう べ別に気にしてないよアハハー」

幼友さんマジ怖いんだけど

………………

…………

……

幼馴染「ううう(チビッパクパクパク)」/////

米1粒づつ何度も噛んでから飲み込んで……まぁ昨日からおかしかったし、これも症状の1つか
でも、昨日はもっと普通に食べれてたような……

友「幼馴染さん可愛いなぁ」ボソボソ

幼友「幼馴染に手出したら分かってるんでしょうね?」ボソボソ ギロリッ!!!

友「あ、当たりめぇだろ、分かってるのはそんぐらい だからその殺気に満ちた視線やめろよ」ビクビク

幼友「チッ」舌打ち

幼馴染「オトコノトナリ オトコノトナリ エヘヘ……」/////

放課後―――

友「じゃーなー男ー せいぜい楽しめよ」ニヤニヤ

「は?何をだよ」

友「ん?忘れたのか? そりゃぁ……」

幼馴染「男ー6時半にね、忘れたらどうなるか分かってるよねー」ポキッポキッ

「」冷や汗

友「うーん?俺の思ってたのと違ったのかなぁー…… もっとイチャイチャなフンイキが」ブツブツ

………………

…………

……

ん?もう4時近いな…… ホントにアイツ来るのか?



『……』多用SS



スタスタスタスタ

「よっと」タッ
「……」ジロッ
「うわぁぁああぁ」ビクゥッ

「な、なんだ妹か はぁ……ビックリさせんなよー」

「勝手に男がビビってるだけでしょー? 人のせいにしないでくれなーい」



妹の男への呼び方にアンタ等を使わず名前呼び捨てを貫くスタイル



「ほ、ほんとにきたんだな……」

「……ったり前じゃん」

「はいこれお前のPGP」ゴソゴソ

「ん、ありがと」

「ティガちゃん希少種やろうぜー 俺にソロは無理だわー」

「ふふん、男も私に頼らないといけないことばっかりね?」

「いやいや、ゲームだけだろ!」

……あれ?そういえば幼馴染に妹の事話してないよな……
ま、いっかー 妹だし

………………

…………

……

「見事に俺見てるだけだったな」

「だって男が入ったらすぐ3死するじゃん よくそれでソロやろうと思ったね」

「にしてもティガちゃん希少種が紫色ってアレよな」

「ツッコんだら負けだよ」

「と、そろそろ時間か、いくぞー」

「……」

………………

…………

……

「で?わざわざ学校で3時間も待たせるなんて幼ねぇはどんな用件だったの?」

「んー それが俺もよく分からん」

「は?」

「電話でゴニョゴニョなんか言ってるのは分かったが正確には……」

「随分幼ねぇも我儘になったよねー」

「確かに我儘だな」ケラケラ

「……そういえばお前受ける高校どこにしたんだっけ」

「ん? 男と一緒のとこだよ!」

「あれ?結局そうしたんだっけ?」

「最後の1年間は私と一緒に学校通えるよー嬉しいでしょー? ♪」



ここは幼馴染SS ここは幼馴染SS ここは幼馴染SS ここは幼馴染SS



「そもそもお前が受かるかどうかだけどなー」ニヤニヤ

「……嬉しくないの?」

「え?何がだよ」

「私と一緒に登校するの だって来年で最後かもs……」

幼馴染「男ー」

「お?幼馴染来たぞ妹 その話は一旦帰ってからな」

「……うん 分かった」

………………

…………

……

幼馴染「いや、別に前もって言ってくれればコッチもいいんだけどねー 今回は妹ちゃんだったからまだしもこういう時は言うべきじゃないかなー?」

「(幼ねぇには悪いけど私も諦められないから)」

幼馴染「お昼休みだって一緒にお弁当食べてたんだから言えっt」

「え!? ちょっと待って!幼ねぇ、男と一緒に食べてるの?」

幼馴染「え?うん、まぁね(妹ちゃんごめんねっこっちも諦める訳にはいかないのよ)」

「いうて昨日今日の2日間だけだけどなー」

「な、なんだそっか ……デモ、キノウカラ ムムム」ブツブツ

幼馴染「モットハヤク コウイウコトシテレバ……」ブツブツ

「?」



もう知らない知らない
どんな内容になっても完結すればいいんだそうに決まってる
だからキャラ崩壊しようと内容酷くなろうが関係ない関係ない……(ブツブツ


スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

本日の残り時間
プロフィール

最終

Author:最終
ふと見つけたmobageの麻雀、それが出会いでした(笑
【最終】
四麻 四段560/1600pt R1699~
三麻 七段1400/2800pt R2090~
麻雀を始めた時に作ったアカですのでかなり思い出のあるアカです(笑

天鳳段位に関する記事は出来るだけ22時00分00秒に予約投稿で載せたいと思ってます
1つの目安としてどうぞ^^

月別アーカイブ
カテゴリ
観覧者数(述べ)

観覧者数の総数
マウスを当てれば7日間の1日ずつの観覧者数が見れます

スポンサードリンク
検索フォーム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム
スポンサードリンク(履歴)

過去に張った広告紹介
下に行く程過去に張った広告バナーになりますっ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。